メインイメージ

エイジングケア

しみ、しわ、たるみ等肌の老化が気になる方には

エイジングケアをおすすめします。

コース詳細は以下のページをクリックしてご覧下さい。

 

フォトフェイシャル

 素肌が持つ本来の美しさを呼びさまし、若々しい状態に改善する治療法です。

 

ハーバルピール

 天然植物で作られた厳選ハーブと天然ミネラルが主成分のハーブパウダーを使い、お肌深層部へと浸透させます。

 

オーガニックプレミアムパウダー

 ノンハーブ、ダウンタイムなしの100%オーガニック美肌再生コース

 

 

「しみ」の発生メカニズム

お肌の表皮部分にあるメラノサイトという細胞は、紫外線を浴びるとお肌を守るためにメラニンを分泌します。メラニンが必要以上に分泌されると、お肌に蓄積され「しみ」の原因となります。通常はお肌のターンオーバー(新陳代謝)によって、角質と同じように剥がれおちてしまいますが、そのまま残ってしまうと「しみ」になります。 

 

「しみ」の種類

老人性色素班(ろうじんせい しきそはん)
長い間紫外線を浴び続けたことによって生じた老化現象によるしみ。日光性色素斑とも言われ一般的にしみと呼ばれているものです。 

 

肝班(かんぱん) 
頬などに左右対称にできるしみ。目の周囲にはできず色が抜けたように見える点が特徴です。女性ホルモンのバランスが影響しているしみといわれます。 

 

雀卵班(じゃくらんはん)
そばかすとよばれるしみ。鼻を中心に小さな斑点ができるのが特徴です。 

 

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)
やけどやニキビ、かぶれが原因で皮膚に炎症が起きた時にでるしみ。 

 

「しみ」の予防

1. 肌に栄養を与えて新陳代謝を活発にすること。
2. 紫外線を避けること。
3. ストレスを避け、休養、睡眠を十分に取り、ホルモンバランスを崩さない。